本學の前身である帝國美術學校は、日本畫科、西洋畫科、工蕓図案科の3科から始まりました。現在は造形學部と造形構想學部の2學部に、絵畫、彫刻からデザイン、建築、映像、蕓術文化、そして社會イノベーションまで、美術?デザインの広がりに対応する12學科を設置。造形研究科、造形構想研究科から成る大學院では、學部で培った能力をさらに深化させ、文化の創造、発展に寄與することを目的とした制作、研究活動を展開しています。
また、造形を學ぶ意欲のある高等學校卒業以上の學歴を持つ方を対象にした、長い教育実績を持つ通信教育課程も設けるなど、自身の夢に近づくことができる様々な入り口を用意しています。

造形學部

「真に人間的自由に達する美術教育」という本學の教育理念のもと、美術?デザインの領域において総合的な造形教育を進める10學科を設置しています。

日本畫學科

伝統的な技法、美意識を學んだ上で、日本畫を入口とした個性豊かな新しい表現者を育てる。

油絵學科 [油絵専攻]

教員の作家性を反映したユニークな授業や絵畫技術の習得を通して、獨自の絵畫性を追求する。

油絵學科 [版畫専攻]

充実した設備や環境、學年の枠を超えた工房での制作を通して、版畫、グラフィックアーツの新しい可能性を追求する。

彫刻學科

彫刻を學ぶとは、作品が成立するとは何かを考えること。設備が整った専門工房で作家性を明確にする。

視覚伝達デザイン學科

デザインの原點を実踐的に學び、鋭い感性と多岐に渡る媒體を駆使する力を持ったデザイナーを育てる。

工蕓工業デザイン學科

素材と格闘し、技の大切さ、品質を見分ける眼を養う。それが優れたプロダクトデザイナーの條件。

空間演出デザイン學科

空間で人を幸せにする。獨自の感性と協調性を伸ばし、情熱を持って空間をつくりあげる人材を育成。

建築學科

全員が設計し、デザインする。現役建築家による実踐的な指導で、各自が共感できるフィールドを探す。

基礎デザイン學科

デザインを分けない。どんな領域でも活躍できる人材を育てる。企畫?構想力と全方位のデザイン力を學ぶ。

映像學科

2019年度より造形構想學部へ移設

蕓術文化學科

マネジメントの視點でアートとデザインを學び、新鮮で創造的な提案を行い実踐できる人材を育てる。

デザイン情報學科

クリエイティブとはエレガントなルール破り。新しいアイデアを華麗に実現させる方法論を學ぶ。

造形構想學部

本學獨自の造形教育、教養教育で培われる「創造的思考力」を駆使して、新たな価値を創出できる人材の養成を目指すクリエイティブイノベーション、映像の2學科を設置しています。

クリエイティブイノベーション學科

“アイデアや仕組みづくり”のできる思考力を養い、実社會で応用?実踐できる力を身につける。

映像學科

映像、音、言語、造形。映像分野の知識と技術を學び、映像の価値を知る理解者や制作者を育てる。

造形に関するもっとも優れた基本教育を目指す本學では、個々の學科が獨自に専門的能力を追求する[學科別科目]に加え、総合的判斷力?批判力を養うために広く諸學問を學ぶ[文化総合科目]、自分の専攻とは異なった領域や他學科の開設する授業を學ぶ[造形総合科目]をバランスよく履修できるシステムを構築しています。

教職に関する科目
(造形學部のみ)

博物館に関する科目
(造形學部のみ)

1973年に開設した修士課程は2専攻12コース、2004年に開設した博士後期課程は3つの研究領域から成ります。多くの領域に開かれた造形研究科は、高い橫斷性の中で制作や研究を展開できる刺激的で創造性に満ちた場です。

2019年に開設した修士課程(2コース)、2021年に開設した博士後期課程から成ります。創造的思考力と現代社會に対する広範な知識を基盤に、サービスデザインやデザインビジネス研究、映像?寫真分野を中心とした新たなメディア表現と社會裝置化の探究に取り組みます。

それぞれの興味や目的に合わせた、自由度の高い履修システムで専門性を深め、卒業時には學士(造形)の學位を取得することができます。