「隣人は起きている」2人展

日程 2021年9月7日(火)~2021年9月13日(月)
12:00-20:00 *初日は15:00より *最終日は18:00まで
場所 元映畫館(東京都荒川區東日暮里3-31-18 旭ビル 2F)

LIYICHU(李 軼初)さん(大學院造形研究科修士課程美術専攻油絵コース1年)の展覧會のお知らせ。

「隣人は起きている」2人展

***
日暮里にあるアート?イベントスペース「元映畫館」にて、李軼初(Isho Lee)と徐莉丹(Lily Xu)による2人展『隣人は起きている』が、9月7日(火)~13日(月)に開催される。中國の違う町に生まれ育ち、同じ大學を卒業後共に來日、そして現在東京で活動する2人の初の合同展示になる。

李軼初は日常生活の何気ない風景をモチーフにして、主に実寫映像の靜止畫を出力、一枚づつその上にドローイングしてからアニメーション化させる手法を使い制作している。本展では、今年2月の個展で発表した映像作品『須臾(しまし)』に、実寫シリーズ『Etude trip』と新作のドローイングを加えて展示する。

徐莉丹は「人間」を知りたい願望を元に、人間以外のものから答えを探しだし作品にしている。人間と長く干渉し合う環境を鏡にして見つめ、そこに映し出されたものを寫真によって表現し続ける。本展では、2017年から撮り始めたシリーズ『ベランダ』、「自分」というものを記録した日記のような新作シリーズ『あるある』を発表する。

日常生活を発想の起點にしつつも、全く異なる視點や手法により生まれた2人の作品は、平行するパラレルワールドの中から見つめ合い、觸れ合うように1つの展示空間に靜かにたたずむ。
ぜひご高覧ください。

*新型コロナウイルス感染癥の拡大防止のため、安全を考慮して入場制限をさせていただく場合がございます。

作家プロフィール

李 軼初
1995年 中國安徽省生まれ、映像作家
2017年 東華大學(上海)卒業
2021年 杉野服飾大學大學院 修了
武蔵野美術大學大學院 在學中
-
個展 「須臾(しまし)」
2021 Gallery Conceal 東京

徐 莉丹
1995年 中國湖北省生まれ、寫真作家
2017年 東華大學(上海)卒業
多摩美術大學大學院 在學中
-
グループ展「Daily Art」(主催:table topic)
2020 No.702 West Nanjing Rd. 上海

関連記事